ページ

2017年6月13日火曜日

おしゃれを完成させるのは絵になるロケーション

西洋の衣服を考えるとき、それが絵になるかどうかはいつでも重要なポイントになります。
暗黒の中世が終わりを告げ、後にルネッサンスと呼ばれる時代に入るころ、
正面を向いた自画像で有名なドイツ人の画家デューラーは、
自分の着ている衣服のひだや、それによってできる陰影、
そして生地の質感を丹念に描きました。
衣服と絵画の関係はこのころから強く結ばれ、
それが現代へと続き、ファッションはファッションフォトグラファー、
そしてそれを掲載するメディアであるファッション誌なしでは存在し得なくなりました。

翻って、日本で長く着られているキモノは、
その平面的な生地そのものに絵を描きます。
美術館へ行けば、キモノが衣紋掛けに掛けられ、
そこに描かれた、絵画のようなデザインがわかるように展示されているさまを見ることができます。

作業や労働をするときのようなものではなく、
特に美しい衣服や、それを装飾するジュエリー、アクセサリー、シューズは、
実は全体として絵を作るために作られています。
衣服が重かったり、歩けないシューズだったりしたとしても、
それは全体の美しい絵のために奉仕するためであるので、
さほど問題にはされないのです。

ある程度、ワードローブがそろい、それなりにおしゃれに見える作法を身に付けたとき、
それでも何か物足りないと感じる方も多いのではないのでしょうか。
その原因の1つは、いくら衣服や装飾品、そしてシューズを揃えたとしても、
西洋の衣服というものは、それにふさわしい絵、つまりシーンなしでは成立し得ない、
つまり衣服だけではおしゃれに見えないという、その性質によるものです。
どんなに服、シューズ、バッグをそろえても、
あなたの立つシーンが、例えば田んぼの真ん中や、
蛍光灯がこうこうと光る工場付随の事務室では、
何か物足りなく見えてしまうのです。

多くの地方在住者が抱える悩みはこの点にあるでしょう。
情報やモノは今や、どんな僻地へも平等へ届けられます。
しかし、絵になるようなシーン、つまりロケーションが近くにない場合、
そこに葛藤が生まれます。
それは着ていくところがない、おしゃれする場所がないという葛藤です。

しかし、皆さんが思っているほどに、
東京という都会でさえ、さほど絵になるようなロケーションは多くありません。
それは海外のハイブランドが作るトーキョーフィルムがいつでも、
夜のネオンや、連続する赤い鳥居をくぐるシーンばかりということを見てもわかります。
現代の日本の街づくりは、決して全体として絵になるようにデザインされていないのです。
ヨーロッパの都会から遠く離れた小さな村にあるものが、日本にはほとんどありません。

そうなると、おのずとおしゃれをしていく機会も限られます。
試してみたくても、着ていくロケーションがありません。
ではどうしたらよいでしょうか。

なにも行動せず家にいるだけでは、
ロケーションは向こうからはやってきません。
いくら都会に住んでいても、土日は家にいて、全く外出しないのでは、何も解決はしません。
その解決方法は、自分で進んで絵になるロケーションのあるところへ出かけるか、
もしくは自分でその場を設定するか、
そのどちらかしかありません。

自分で進んで出かける場合、絵になるロケーションはいろいろ考えられるでしょう。
洗練された海岸や高原のエリア、
もしくは美術館、劇場、ホテルやレストランなど、建築やインテリアが美しいところなど、
おしゃれして出かける甲斐がある場所がそんなロケーションとなり得ます。

一方、自分でその場を設定する場合は、
家でパーティーをする、誰かをもてなす、
もしくは何かの会を企画する、発表会をするなど、
自分の住んでいる地域や、している活動によっていろいろな可能性が考えられます。

いずれにしても、実現するためには行動しなければなりません。
そしていつか誰かがそんな場所へ連れていってくれるだろう、
そんな機会を設けてくれるだろうという受け身的な程度では、
その機会はいつになったらやってくるかわかりません。

実のところ、おしゃれと受け身的な態度は相性が悪いのです。
とことん悪いのです。
あなたがいつも思う、あの離婚したほうがいいカップルと、
同じぐらい悪いのです。

受け身的な誰かのフォロワーである限り、
あなたが身につけることができるおしゃれの能力には限界があります。
それでもある程度のところまではいけますが、
それ以上はどこへも届きません。
遠くまで行きたいのならば、自分から行動すること。
もちろんそこそこでいいのなら、
受け身的かつ依存的でも構いません。












2017年5月18日木曜日

年を取って服が似合わなくなったとき、どうしたらいいのか

多くの方がある年齢になった、ある日に、
今まで着ていた服が全く似合わないと気づくとおっしゃいます。
なぜかわからないけれども、
違和感を感じて、その服を着る気分ではなくなると。
それはなぜなのでしょうか。

私たちは、常に年を取っていきます。
今から若くなるということはありません。
毎日毎時間毎分毎秒、薄紙を一枚ずつ重ねていくように、
年を取り続けます。
これには誰も逆らうことができません。

実際には、変化は毎日起こっています。
ですからある日、突然、浦島太郎が玉手箱のふたをあけて御爺さんになってしまったかのごとく、
いきなり老ける、ということはありません。
肉体は日々確実に、若くはないほうへ向かっていく。
ただ、その事実をその人は見ようとしなかっただけです。
その見ようとしなかった事実にある日突然、何かの理由により、または出来事により、
向き合わざるを得なくなったときに、
今まで着ていた服が似合わなくなったと感じるのだと思います。

では、ある日突然今までの服が似合わなくなると感じた方々が
それまで着ていた服とは、一体どんな服なのでしょうか。
そこにはある特徴があるはずです。

先日、電車の中で、とある女性の後ろ姿を見ました。
背中まである茶色くカラ―リングしたストレートヘア、
ひざ丈の、たぶんポリエステルシフォンのパステルカラーのピンクのスカート、
少し色あせたGジャン。
そしてその色あせたGジャンとは不釣り合いな、
少し濃いめのナチュラルストッキングにヒールのあるサンダル、
手にはヴィトンのモノグラムのバッグ。
身長は165センチぐらいで、太ってはいませんが、やせているというわけでもなく、
割としっかりとした体格。
次の駅が近づいて、その方が振り返ったとき、
私はなぜか驚いてしまいました。
なぜ私は驚いたのでしょうか?
私は、意識はせずに、その方はせいぜい30代だと判断したのです。
しかし、振り返ったその方はどう見ても50代半ばから後半といった感じでした。

私がその方が30代だと思いこんだその理由は、
その方の着ていた服が、20代から30代向けのデザインと質感の服だったからです。
Gジャンとストッキングの色の濃さと厚さが不釣り合いだとは思ったのですが、
そのほかの部分は明らかに若い人向けの服でした。
その若い人向けの服のデザインと質感は、
その方の肌の感じには合わないのでした。

年をとると若いときと明らかに違うのは、
肌の輝きや質感と、肉付きです。
どちらも努力なしには、若いままをキープすることはできません。
そしてこれら若くはない肌と、その肉付きには、
その若い人向けの服は合わないのです。

しかしと、皆さんは思うでしょう。
大人の服一点一点に、子供服のように、これは何歳向けとは書いていないわよと。
そんな表記はどこにもないわよと。
そのとおりです。
服はいつでもサイズで選ぶもので、年齢で選ぶものではありません。
では、若い人向けと、そうでない人向け、何が違うと言うのでしょうか。

若い人向けの人は多くの場合、若い人が企画やデザインをしています。
チーム全体が若いのです。
チーフデザイナーが28歳だったりします。
もちろんもうちょっと上の世代が作っている会社もあるとは思いますが、
それでもいいところせいぜい40歳ぐらいのところが多いでしょう。

若いということは、若くないことがわからないのです。
若くなくなったときの肌の質感も、身体のどこに肉がついていくのかも、
実感を持って、知ることができないのです。
そんな、年を取ってるということがわからないという人たちが作った服が、
いわば若い人のための服となります。

例えば45歳を過ぎたころ、美容院であなたがカットしてもらいたいと思うスタイリストは
いくつぐらいの方でしょうか?
自分と同じぐらい、または少し年上といった感じではないでしょうか?
白髪や髪のうねりといった髪の悩みを理解してくれる、
そんな年齢の人にお願いしたいと思わないでしょうか。

またはデパートのコスメ売り場で、
あなたの肌の相談は、やはり同じようにあなたと同じぐらいの年齢、
もしくは少し上の方にお願いしたいとは思わないでしょうか?

なぜか。
若い人にはわからないからです、
年を取るということが。
年を取ったら、髪がどう変化し、どうしたら補正できるかということが。
年を取ったときの肌の輝きがどう失われ、
それにふさわしいメイクの方法が。
テクニックとしてはわかっていても、実感としてはわからないのです。

同じように服だってそうなのです。
若い人には、若くない人の身体の悩みなど、わからないのです。

私だってそうでした。
私が最初に入った東京コレクションに参加していたブランドの企画室のメンバーは、
デザイナーが36歳で、あとは生産管理もパターンナーもみんな20代でした。
大手アパレル会社の企画室のメンバーも、マーチャンダイザーでこそ40代の男性でしたが、
あとは全員20代でした。
そんな人たちに、45歳過ぎた女性に似合う質感やスタイル、素材など、
想像もできないし、わからないのです。

年を取って、ある日、すべてが似合わないと感じる多くの方は、
そんな若い方が作っている服を着てはいないでしょうか?
日本のアパレル業界に、キャリアのある女性など非常に少ないことは明らかです。
労働時間が長く、結婚さえままならないような職場には、
若いスタッフしかいないことがほとんどです。

自分の年齢と同じぐらいか、またそれより上のスタッフのいるブランドは、
ありますが、日本では少数派です。
しかし、そういったスタッフが作ったものでないと、
その年代にふさわしい質感とスタイル、カットの服は作れないのです。

年を取って似合わなくなったそのときに、
何を買えばいいか、
その1つの解決策は、
自分と同じぐらいの年齢か、それ以上の人が作った服を着ることです。
つまり、年を取るとはどういうことか、わかっている人が作った服を着るのです。

思えば私たちは長いあいだ、
ずっと、年上の人が考えてくれた服を着てきたのでした。
20代も、30代も。
年上であるがゆえに、私たちのことを理解してくれた人たちが作った服を。
年を重ねるということは、理解の範囲が広がるということなのです。

まだ大丈夫です。
私たちより年上の、よく理解してくれる人はいます。
日本には多くはないかもしれませんが、
海外に目を向ければ、ちゃんと存在しています。
そんな、理解してくれ人たちが作った服を、
わかっている人たちが作った服を、
私たちは地道に探して、
年を取ることの意味を、
その価値を、
分かち合っていくことが、
年を取った私たちに残された、
最良の道ではないかと思います。


『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中。こちら

2017年4月17日月曜日

「わたし史上最高のおしゃれになる!」が発売されます。


私の始めての本、「わたし史上最高のおしゃれになる!」が5月14日に発売されます。
本日、アマゾンさんより予約開始いたしました。

内容は、私が2010年より行っているファッションレッスンについてで、
自分でおしゃれなワードローブ構築する方法論です。
後半、一部、ブログの記事の内容を解体して使っていますが、
ほとんど書き下ろしで、ブログには書いていない内容が満載です。
また、少しですが、男性のワードローブについても書いていますので、
男性が読んでも使える内容になっています。

おしゃれなワードローブを自分で構築したい方、
ブログの内容をまとまった形で読みたい方、
靴とバッグの色についてよくわからない方、
ほかには書いていないようなファッションに関することを読みたい方、
そして特に被服費を減らしたい方(これは数々の実証済み)など、
もちろんずっと私のブログを読んでくださった皆様にもお勧めです。

というわけで、皆様、ぜひご予約くださいませ!
よろしくお願いいたします!

ご予約のリンクはこちら







センスは要るのか、要らないのか。

センス。
ある人は、それを要ると言い、ある人はそれを要らないと言います。
では、本当のところはどうなのでしょうか。
ということで、私の考えを述べます。

センスが要るかどうかは、その人の人生の態度によってかわります。
つまり、ある人にはそれは必須ですが、
そうでない人には、要らないのでしょう。

まず、センスそのもについてです。
センスとは、一種の才能です。
生まれながらにそれを持っている人もいます。
明らかにそれは見てとれます。
例えば、小学校の図工の時間、もう既に正確なデッサンで、
優れた色彩感覚を発揮する生徒というのもいるでしょう。
これは美術に限ったことではなく、
音楽のセンス、スポーツのセンス、料理のセンスなど、
これといって修行したわけでも、学んだわけでもなく、
もう既に持っているたぐいの人たちは本当にいます。

そういう人たちは、もう既に持っている才能の1つとしてセンスを利用します。
ではどのように利用するのか。
センスとは、1つの指標です。
言い方を変えれば、その人の中に住まう、高い視点から自分を見つめる先生です。
この高い視点から自分を見つめる先生を、
生まれながらにして持っている人は、その先生の指示のもと、
その先生にお伺いを立て、
その先生が納得するような作品を作ったり、プレイをしたりします。
自分の中に、「ここまでやりなさい」という存在が常駐しているので、
そこまでやるのが普通と考えています。
しかし、もちろん先生だけが存在していても、その実行部隊が必ずしもいるわけではないので、
そのセンスという才能を伸ばすためには努力と練習が必要になります。

ではそういった生まれながらのセンスがない場合、
それは必要なのかどうかです。
これら既にセンスを持っている人たちのように、
自分の中に高い視点を持つ先生を常駐させ、
その先生の示すところを自分で作り上げる、そのために行動するのなら、
センスは必要になります。
つまりこれはどういうことかというと、自分の人生を自分で決定し、自立的に生きるためには、
そしてそう望む人にはセンスは必要であるということです。

自分の人生を自分で決定し、自立的に生きるためには、
常に自分で判断し、決定するという行為が欠かせません。
もしその判断を他人にゆだねるならば、
その人はその判断してくれる誰かを常に必要とし、それに依存し続けるしかないでしょう。

私たちは子供時代、まさに多くの判断を親にゆだねます。
食べるもの、着るもの、行くところ、読む本などなど。
けれども、そこから自立するためには、この依存から脱っしなければなりません。
そうしないと、私たちは常に何かに依存し、自立できない、
つまり不自由な存在として生き続けなければならなくなります。

何がいいかわからない、よって選択できない、行動できない。
それでは、自分の人生の主導権を自分で握って生きることはできません。

もちろん生活の分野すべてにおいて、
自分の中に最高の先生を常駐させるのは簡単なことではないでしょう。
ファッションのセンスはあるけれども、料理のセンスはない、運転のセンスはない、
ということもあり得ます。

料理は自分でおいしくできるけれども、運転ができないのなら、
運転に関しては誰かに依存することになります。
ですから、すべての分野においてセンスを保持すべきだ、ということでもありません。

ただし、自分が主導的に決定したい分野において、
誰かに依存したくないのなら、
その分野に関しては、自分の中に高い視野を持った先生を常駐させなければなりません。
ファッションに関して言えば、
自分で決めて、自分で買って、自分で着て行動したいのなら、
センスは必要である、ということです。
そうでないのなら、いつも誰かにお伺いを立てて、
その人の言うなりに決めて、買って、着るという人生になってしまうでしょう。

いつものことですが、
それはどちらでも選べます。

ファッションに関して自立的に生きたいのなら、センスは必要です。
依存的、従属的に生きたいのなら、
センスは必要ない、ということです。






2017年3月14日火曜日

楽の先にあるものは

ファッションにおいて、至るところに楽への道が開けてきました。
どこへ行くにもスニーカーとジーンズ、
ウエストにはゴム、
とりあえずこれだけ持っていればいいと勝手に思われているブランドがわかるバッグ。
三種の神器よろしく、ずかずかと、大声で、一目もはばからず、
そんな姿がまかり通っています。

その延長でしょうか。
多くの人が知りたいのは、
「何にでも合う靴」や「何でも合うバッグ」。
とにかく楽したい、考えたくない、努力したくないという
声なき声、しかも声なき大合唱が、
至るところから聞こえてきます。

楽なウエスト、
何でも合う靴、
毎日考えないその態度、
それを誰がおしゃれと呼べるのでしょうか?
断言しますが、
そんなものをおしゃれと呼ぶのなら、
それはフェイクです。

別にすべての人がおしゃれである必要はありません。
衣服の第一義的な目的は暑さ寒さをしのぐこと。
それさえできていれば、
おしゃれなんぞしなくてもよろしい。

しかし、楽ちん至上主義者はおしゃれなのかと言ったら、
それは単なる怠惰な人ということで、
おしゃれではありません。

何度か書きましたが、
おしゃれというのは努力の結果。
眠っていないで、意識的に生きているということ。
楽だからとか、
何でも合わせたいとか、
それは全く逆方向。
一流のデザイナーたちが頑張っているのは美に近付く努力であり、
楽するためにデザインしているわけではありません。
(知りたかったら、好きなハイブランドのものを何か1枚試着してみてください。わかりますから)

実際に見てきたわけでもないのに、
それはないと言い張ったり、
自分で考えたことではないのに、どこからか剽窃して使ったり、
おしゃれやファッションは、それらの行為と紙一重です。
見分けられない人には見分けられないかもしれません。
でも見る人が見ればわかるのです。
そのスタイリングの写真1枚から、
その人が本当に服というものを理解しているかどうか、
そんなことはいとも簡単にばれてしまいます。

しかしそうであるならば、
お金はないけれども、努力している皆さんは、
安心してもよいのです。
楽ちん至上主義者は決してあなたを追い抜くことができません。

時間がそれを証明します。
楽の先にあるものと、
努力した先にあるもの、
手にするものは全く違うということを。
今にわかるでしょう。
隠しようもなく、
誰の目にも明らかに、
握っているものの、その輝きの違いが、
そして、どちらがより価値があるかということが。


2017年2月8日水曜日

あなたの人生の目標が作業員になることでないなら、「作業着系ルック」は即刻やめるべし

ファッションレッスンをしていると、
私の想像を超えた悩みを抱えたクライアントさんがやってきます。
そのクライアントさんの悩みはざっと言うとこんな感じでした。
(作り話じゃなくて、実話です)

「とあるスタイリストさんが好きで、その人のお勧めのものを買い続けてきた。
ところが一向におしゃれに見えない。
こんなにたくさんあるのに、
しかもお勧めのものを買っているのに、
おしゃれだと、ひとに言われない。
なぜおしゃれに見えないのかわからない」
ちなみにこの方は自分のお店を経営している経営者です。

彼女がどんなものを買っているか見てみると、
色はほぼグレー、もしくはジーンズのブルー。
形はジーンズ、ワークシャツなどの作業着。
そこにとにかくたくさんのグレーのセーターとカーディガン。
中には、どこかの工場の制服と見まがうばかりのグレーのジャケット。

それが、どこかのスタイリストさんお勧めという前情報がないのならば、
それは明らかに、作業員のためのワードローブです。

何のために服を着るのか考えてみましょう。
人それぞれにはその人生でかなえたいことがあって、
究極的にはそれはその人の幸せであり、魂の成長でしょう。
ですからその過程で、
「破壊された○○を修復し、一刻も早く復旧すること」が当面の目的なら、
その作業員のためのワードローブでも問題ありません。
むしろ、そうならなければおかしいです。

けれども、人生の目的が作業員でないのなら、
あなたはその作業着系ルックを一刻も早くやめるべきです。
なぜなら人はあなたのその作業着系ルックを見て、
あなたを作業員のように扱うからです。

高級レストランに入っても、
デパートで服を買うときも、
ホテルでチェックインするときも、
あなたがその作業着系ルックだったら、作業員のように扱われます。
なぜなら、あなたは全世界の人々へ向かって、
「私は見たとおりの人物です」と宣伝して回っているからです。

スタイルはイコールその人です。
新しいとか、誰かがお勧めしたとか、高かったとかの問題ではありません。
あなたがその場に作業着系ルックで行ったのなら、
あなたは作業員として受け取られるのです。

その作業着系ルックでは、
レストランでいい席に通されることはないでしょう。
銀行へ行ってもお金を貸してはくれないでしょう。
住宅展示場や車のショールームに行っても、本気で買うお客とは思われないでしょう。
誰か作業着ではない、例えばスーツやワンピースの人、それが年下の人であったとしても、
と一緒にどこか取引先へ行ったなら、
その取引先はあなたを差し置いて、スーツやワンピースの人に話しかけるでしょう。

日本語で灰かぶり姫と訳される、まさに灰色のシンデレラは、
灰かぶりであったけれども、舞踏会でドレスを着たから、王子様に見染められます。
ふだん着の、作業用ドレスのままだったら、まず第一に舞踏会の会場へ入れません。
顔かたちも、心も美しいシンデレラでさえ、
これがいいのよ、みんな、私の本当の姿を見るはずなどと思って、
作業着ドレスのまま舞踏会へ行くなんてことはしません。
まず自分の人生の目的を達成するために、素敵なドレスを魔法使いのおばあさんに頼んで着るのです!
目的達成のために、シンデレラは行動するのです!
けれども、あなたが作業着系ルックである限り、
あなたは舞踏会へは参加できません。
永遠に、参加、できません!

ジーンズなどの作業着、Tシャツといった下着、
運動靴であるスニーカー、それだけを着ていたのなら、
あなたはいつだってそのように扱われ、
あなたの人生はそれ以上、発展しませんし、
いつしかあなたも作業員としての自分を認めてしまうことになります。

何度も書きますが、
人生の当面の目的が、「作業員としてやるべきことをやる」ならよいのです。
けれども、それがそうでないのなら、
作業着系ルックは一刻も早くやめるべきです。

最後に、
「でも今はこれが流行っているから」という意見もあることでしょう。
はっきり言いますが、作業着系ルックの時代は終わりました。
それはひと昔前のトレンドです。
世界を貫く時代の気分は、もう作業着系ルックではありません。
女性で言ったら、女神の時代であり、
アーツ・アンド・クラフツ運動のような手仕事の時代です。
そんなコンクリートのような、ねずみ女の時代ではありません。

何のためにそのスタイルを選ぶのか、
そしてその服を買うのか、
もう一度考えましょう。
いくら誰か有名な人がそれを勧めたとしても、
それがあなたの人生の目的の遂行のために役立つのでなかったら、
そんなものを選ぶべきではありません。

誰かに自分の力を与えてしまうと、このようなことが起こります。
自分の人生の舵を取るためにも、
自分の人生の目的をはっきり決めて、
それに従ったワードローブを作りましょう。
それはおしゃれなこととは全く矛盾しません。
むしろ、そうでなければ、
本当の意味で、おしゃれではないのです。





2017年2月2日木曜日

「今流行っている」ものは買う べきなのか?

もう何回も書いていますが、
人は目、すなわち脳に情報が入って、
それがある程度飽和状態になったら、
その時点で飽きます。
つまり、情報の量的な問題です。
情報が飽和するのには、
何パターンかが考えられます。

流行がお年寄りや子供という末端まで届いて飽きる場合、
季節が進み、目の中に同じ色、同じ形の情報が蓄積され飽きる場合です。

飽きるという意味では、どちらも同じです。
おしゃれに見せたいのなら、
この2つを避けなければいけません。
つまり、お年寄りや子供が着るようになる前にもうやめる、
季節を先取りする、などです。

そう考えると、
「今、これが流行っている」という時点で、
それはおしゃれに見えるピークに到達しているのです。
おしゃれに見えるのは、いつでも流行ってしまうその前です。
流行りのピーク時に到達したならば、
あとは下るのみです。
ピークにいられるのはあとほんのちょっとの期間だけ。
その期間を過ぎたら、もうおしゃれには見えません。

流行っていると知って買ってみた、
少し着ておしゃれに見えた、
けれどもすぐに何だかおしゃれに見えなくなるのです。
なぜなら、その情報が飽和しすぎて、おしゃれに見えるピークが過ぎたからです。

売る側はこれを利用します。
一気に大量に生産して、短期間で売り、
おしゃれに見える期間を短くします。
情報が隅々までいきわたれば、
それはすぐに飽きられると知っているからです。

「今流行っている○○」というテーマでの検索ワードが多いですが、
その時点で、それはピークを過ぎています。
つまり、流行っているかもしれないけれども、
別段おしゃれには見えません。

ではどうしたらいいか。
簡単です。
「今流行っている」を避けることです。
そうすれば、せっかく買ってみたものの、
街で同じ服を着ている人とすれ違い、バツの悪い思いをし、
おしゃれになんか見えないという事態を避けられます。
そして、こうしたちょっと着ただけで着なくなるものを増やすのを防げます。

飽きるというのは、人間の心理の問題です。
私たちは踊らされる側ではなくて、
看破する側にならなければいけません。
だってもう、踊らされている余裕はないでしょう?

その「今流行っている」ものを買う前によく考えてみてください。
自分が本当はどうしたいのかを。
おしゃれに見せたいのなら、
それは選択しないに限ります。